「株式会社日新工営」のサービス利用で変化することとは?

公開日: 

gahag-0058497894

株式会社日新工営は、国土交通大臣から特定建設業の許可を受け、大阪府と東京都、愛知県で一級建築士事務所登録をしている総合建設業の会社です。建築・土木工事の設計及び施工はもちろん、耐震診断・耐震改修サービスもおこなっていて、更に大阪府から宅地建物取引業の許可も得ており、また、国土交通省にマンション管理業の登録もしていて、かなり幅広い業務をおこなっています。

具体的には建築・土木・舗装工事の設計および施工、冷凍冷蔵倉庫の設計・施工とコンサルティング 、各種リニューアル工事 、建物耐震診断・施工とコンサルティングなどが、業務内容となります。この中では特に建物耐震診断・施工の需要が、今後ますます増えて行きそうです。
 日本は地震の活動期に入りましたから、より高い耐震性が求められる状況へと変化しています。大きな地震を教訓に、1981年に建築基準法の大幅改正があり、それ以前に建てられた建物に比べれば、それ以降の建物は比較的安全ですが、やはり念のため、建物耐震診断を受けておきたいと願うケースは多いと見られます。1981年の建築基準法改正のきっかけになった地震よりも、はるかに大きな地震が最近頻発しているからです。もちろん、1981年以前に建てられた建物もたくさんあり、まだ建物耐震診断を受けていない建物ならなおさら不安です。早めに株式会社日新工営に依頼し、耐震診断を受け、耐震改修をおこなうことが望まれます。施工技術は日進月歩で進んでいますから、古い建物で耐震基準を満たしていなくても、耐震改修をおこなうことで、今後長く使える可能性があります。これまでわが国ではどちらかと言うと、スクラップアンドビルドのほうに傾きがちでしたが、廃材の処分場は逼迫しており、処分費用も高騰しています。改修を続けながら、長く利用していくのが、ずっと割安であり、合理的であるため、今やこのほうがトレンドになりつつあります。株式会社日新工営のような会社には、ますます需要が高まっていくことでしょう。

マンションの管理の上で大きなポイントとなるのが、修理修繕です。この問題が管理の大半を占めるというケースも多いでしょう。修理修繕に詳しい株式会社日新工営が、マンション管理もおこなうというのは理にかなったことと言えそうです。修理修繕が必要になってから、急に施工会社を探すのではなく、普段から付き合いがあり、万事事情に通じた会社に任せたほうが、スムーズに進む面があると言えるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑