「株式会社バウエンジニアリング」のサービス利用で変化することとは?

公開日: 

gahag-0049047818

“株式会社バウエンジニアリングは、橋梁の補修・補強設計を主な業務とする会社で、本社は大阪にあり、東京に支社があります。橋梁の補修・補強設計をおこなえるような極めて高度な知識と技術を用いた耐震設計・耐震補強設計のサービスもおこなっていますので、それを利用することで、建築物の耐震強度を高めることができます。
 株式会社バウエンジニアリングは、橋梁を扱っているだけあって、工学博士や理学博士、一級建築士、一級土木施工管理技士といった高い専門知識を持つ社員をそろえています。建築物の地震時の構造解析や現状の耐震性能評価、耐震補強設計を依頼したい場合は、適した会社と言えるでしょう。

橋梁を多く取り扱っているため、橋のような構造物をかかえている建築物について、耐震設計・耐震補強設計が必要となったら、安心して依頼できます。単純な構造の建物であれば、耐震設計を扱っている会社は数多くありますが、内部に橋のような構造物があったり、2つの建物を橋でつないでいるような建物の場合は、橋の部分の耐震設計が容易ではない場合も考えられます。株式会社バウエンジニアリングなら、その点安心でしょう。

わが国は地震の活動期に入り、1981年の建築基準法大幅改正以前とは、耐震基準も変化しています。1981年以前の構造物であって、まだ耐震性能評価がおこなわれていないものもあるでしょう。公共物や、多くの人が使用する者に関しては、国が耐震基準を満たすような対策をするよう促していますが、その対象から外れているものでも、早めに耐震性能評価を受けることが望まれます。建築基準法が緩かった時代の構造物でも、しっかりとした施工がおこなわれ、耐震補強が必要ない可能性もあります。そうであればその後安心していられますし、耐震性能評価の結果によって、耐震補強の必要性が明らかとなった場合は、とるべき対策ができます。地震のときにおおきな被害が出なかった場合でも、地震時の構造解析によって、相当なダメージを受けて、もろくなっていることなどが判明したりします。1度目の地震でなんともなかった建物が、2度目の地震で大きな被害を受けるというのはよく聞かれるケースです。どういう場合にそうなるのか、といったことについては、専門家でないとわかりません。その専門家をそろえた会社が株式会社バウエンジニアリングであり、その知識と技術による、精密な構造解析や耐震性能評価を受けることが望まれます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑