㈱キーマンが事業に取り組む建設業界 将来性はどう?

公開日:  最終更新日:2018/11/25

建設業界の将来性

いつの時代においても文化や風習があるところには必ず住居や建物が存在します。それを一手に担うのが建設事業や土木事業です。2020年開催予定の東京オリンピックに向けて建設業界は需要が膨らみつつありますが、今後の将来性はどのように期待されているのでしょうか。今回は建設業界でも好実績を上げている株式会社キーマンの事業内容や今後の取り組みについて検証していきます。

建設業界の現状と将来の課題

今現在の建設業界の市場規模は15兆円以上と非常に大きく、労働者数もそれに比例しています。平均勤続年数は他の事業よりも長くなっており、これは専門性が問われることで技術の伴った職人が建設業界で活躍し続けていることが理由として考えられます。

しかし、建設業界で働く人の中には就職や転職を検討されている人達も多く、人材確保を課題としている企業も多いことでしょう。東京オリンピックの影響だけでなく最近では震災の復興事業も増加傾向にあるため、人手不足に陥ってしまうのも時間の問題かもしれません。

株式会社キーマンが果たす社会的義務

株式会社キーマンは、地震国である日本の建設物において「安全な建物」と「安心して住める街」を常に意識しながら地震から人々を守るための建設を使命としています。創業当初から建造物の補修や補強工事に携わってきていることから、建造物の長寿命化や価値向上を手がけるためにどんなことが必要で何が問われるかということを熟知しているようです。建築事業と土木事業の2分野を核に設計から施工まで自社一貫で対応するといった、建設業界では珍しい企業とも言えるのではないでしょうか。

株式会社キーマンが取り組んでいる事業とは

株式会社キーマンは建物に対するメンテナンスのプロ集団としてこれまで数々の建造物のニーズに対応してきました。道路や橋梁、ビル、学校、集合住宅、複合施設など非常に幅広い分野で活躍中です。建築事業では耐震補強や補強のための診断業務、再生建築事業、0宣言の家の施行代理店として国民生活をサポートしています。一方、土木事業では建造物の劣化診断や橋梁の設計や調査業務、耐震補強工事など街の基盤となる部分を安定させるために調整作業にも注力しています。

株式会社キーマンは、日本の建造物に数々の実績やノウハウを残してきました。今後はこの確かな技術を世界各国にも発進して、グローバル企業として活躍していくことが期待されています。そのためにはこれまで取り組んできた高品質な技術と人間力の向上、組織の強化といった企業の基本方針を今後も持ち続けることが必要になるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑