㈱キーマンの東京支社がある東京都中央区京橋のエリア情報

公開日:  最終更新日:2019/01/16

㈱キーマンイラスト1

株式会社キーマンは、大阪府東大阪市に本社を構え、建造物の価値を高めるためのメンテナンス事業を展開しています。そんな株式会社キーマンは、2013年に東京都中央区日本橋へ東京支社を開設し、2018年9月には東京支社から東京本社へと変更し、日本橋から京橋に移転しています。株式会社キーマンの東京本社がある中央区京橋とは一体どのようなエリアなのでしょうか。今回は、東京都中央区京橋エリアについてご紹介していきましょう。

京橋エリアの特徴

京橋エリアは現在中央区に属していますが、元々旧京橋区にあたる地域です。京橋というのは以前「京橋川」という川があり、その川には京橋という名前の橋が掛けられていました。東京都内において日本橋に並ぶ程の名橋とも言われており、東京から京都に向かう東海道で最初に渡る橋だったことから、高い重要性を持っていました。その後、京橋川は埋め立てられたため京橋もなくなってしまったのですが、今でも京橋という名前は地域名として親しまれています。

再開発によって日本橋・銀座を掛け合わせた街へ

京橋エリアは元々東京駅からのアクセスや、中央通りからのアクセスに優れていることから、ビジネスにも商業にも利点があるエリアとして注目されていました。そのため再開発プロジェクトの中では日本橋と銀座を掛け合わせたような街づくりが行われています。特にビジネス視点から日本橋ではなく京橋が選ばれることは多く、京橋エリアには大手企業本社のビルが建ち並んでいます。

例えば味の素本社やオービック本社、清水建設本社もすべて京橋エリアです。再開発組合が行った調査によると、現在京橋で働いている人にずっと京橋で働いていたいか尋ねたら、約48%もの人が京橋で働き続けたいと回答しているのです。これは、都内にある他エリアに比べて10ポイント以上高い数字となっていました。働いている人から見た京橋という地域は、東京駅から徒歩で通えるという利便性だけではなく、地域住民の気さくさや安くて美味しい老舗料理店がいくつも点在していることに利点を感じているのではないでしょうか。また、2016年に開業された京橋エドグランという複合施設も誕生し、働きやすさに加えて暮らしやすさがプラスされています。

株式会社キーマンの東京本社がある京橋エリアは、ビジネスパーソンにとって働きやすいエリアであることが分かりました。元々日本橋にあった支店を京橋に本社として移転してきたのも、京橋の魅力があったからこそと言えるでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑