「株式会社 ワークス北雄」のサービス利用で変化することとは?

公開日: 

NIS_kensetugenba-thumb-autox1600-26024

株式会社 ワークス北雄は北海道の札幌市を本拠地とする建設会社です。同社が提供するサービスはファスニング事業とCR事業、その他の大きく3つの事業に分類することができます。ファスニング事業で同社が行っているのはファスニング工事と耐震補強工事です。ファスニング工事ではあと施工アンカー工事により様々な種類のアンカーボルトをコンクリートに打設します。アンカーボルトとは木材や鋼材のような構造部材、設備機器などを固定するためにコンクリートに打ち込んで使用されます。引張りやせん断に抵抗することでコンクリートに取り付けられた構造部材や設備機器が移動したり転倒することを防ぎます。建設物の機能と安全を確保する上で重要な工事です。耐震補強工事にもアンカーボルトが使用され、あと施工アンカー工事が行われます。

株式会社 ワークス北雄のCR事業ではコンクリート躯体補修・補強工事、止水補修工事、防水工事、ひび割れ補修工事の各種工事が行わています。コンクリート躯体補修・補強工事では断面修復工法が使用され、維持補修コストを削減しながらコンクリート構造物の耐久性を向上させることができます。この工法では高炉スラグ系高耐久性補修用モルタルを使用し、あらゆる種類のコンクリート構造物の補修を行うことが可能です。短時間の養生で実用強度を確保することができ、既設のコンクリートとの付着性にも優れています。塩害や凍害を受ける海岸構造物、橋梁、橋脚などに適用されます。
止水補修工事では背面注入工法により地下コンクリート構造物の背面に高炉スラグ微粒子注入材を注入します。防水層の劣化した地下構造物やコールドジョイントなどの不具合部のある地下構造物の補修を行うことができます。施工範囲に関わらず工事を行うことができるという特徴を有します。株式会社 ワークス北雄のCR事業部のサービスを利用することで、コンクリート構造物の耐久性に変化をもたらすことことができます。

その他の事業としては鋼管ブレース工事やブレストレストコンクリート工事が行われており、いずれもコンクリート構造物の耐震性を向上させることが可能です。株式会社 ワークス北雄が提供する様々なサービスを利用することで、コンクリート構造物の耐震性や耐久性が変化します。特に耐震性の向上は地震が多い日本の建築物にとって重要な課題となります。株式会社 ワークス北雄はアンカーボルトなどを使用して、コンクリート構造物の耐震性と耐久性を向上させる技術と経験を有する会社です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑