千陽電気工業株式会社が行う事業の取り組みや特徴について

公開日: 

AlexVan / Pixabay

関西電力グループで知られるきんでんグループの千陽電気工業株式会社は、東京都千代田区に本社を構える会社です。
創業は1973(昭和48)年、資本金4000万円、埼玉県の久喜市に支社があります。

主な事業内容では、オフィスビルにマンションや工場などに代表される新築物件や改修工事に関わる電気設備の設計と工事を行なっています。

千陽電気工業株式会社の取り組みは、経営理念でも見られるようにお客様の満足を常に追求し続け、信用と安全を重視した技術で、創造性豊かな社員を育成し、活気のある企業を目指しています。

主な取引先の民間企業では世界90カ国に工事実績を誇る株式会社きんでん、コニカミノルタテクノプロダクト株式会社、日本最大のコンベンションセンターを運営する株式会社東京ビッグサイトなどが挙げられます。

官庁関連では地元からの信頼が厚いことで東京都財務局に東京都建設局、千代田区の行政関連の建物の中の電気工事を行なっているのが特徴です。

千陽電気工業株式会社は年齢が18歳~40代半ばぐらいまでのひとを対象とした求人募集も定期的に出していて、工事に関わる各種技能講習や国家資格取得のための受験料の支援を行なっています。

勤務地は東京及び首都圏から近隣の関東一帯のエリアの現場で、普通自動車の免許は必須でそのほか電気施工管理技士や消防設備士など電気工事関連の資格があると望ましいとされます。また、東京都内の工業専門学校で毎年4月に開催される合同企業説明会に参加していますので、興味があるひとはお見逃しなく。

近年は2年ごとに東京ビッグサイトで開催される日本国際工作機械見本市において千陽電気工業株式会社は、会場内の基礎電気工事を毎回行なっています。

学校関連では東京大学のほか都内の有名私立大学、大学付属病院や千代田区内の小中学校の新築電気設備工事や改修工事を行なっています。

オフィス街や商業エリアでは、銀座や新宿といった日本を代表する目抜き通りに挙げられる通りに官公庁町の永田町のビル、若者の街の渋谷では駅界隈の開発計画での電気設備工事、東京国際貿易センターでは高層作業の特高変電所改修工事を行ないました。

千陽電気工業株式会社では毎月のように社員一同が集まり社内連絡や報告を兼ねた安全衛生会議を開催しています。

災害事例について社員全員で意見を交換しながら安全安心第一に努めています。また、電気工事の各現場の協力会社の社員の人たち全員に対しても職場における安全事項について周知が徹底されています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑