株式会社キーマンは耐震改修法に伴う補助金制度に詳しい

公開日:  最終更新日:2017/11/20

hpgruesen / Pixabay

地震大国と呼ばれる日本では、震災の被害を最小限に留めるための技術が求められています。
地震は、寝ている時でも起こりますが、地震の揺れを感じ、起き上がり安全な場所に避難することが、短時間に行うことは非常に難しいことです。
大地震が起こった時、大切なものを守るためにできることの一つが、建物の耐震化です。
耐震改修促進法が平成25年に改正され、昭和56年以前に建てられた全ての建物に対して、耐震診断を行うことが義務付けられています。

株式会社キーマンでは、こういった制度に関しても詳しく説明しています。
耐震改修を行いたいけれど、費用がかかるからと諦めている人には、国や各地方自治体で改修に関する補助金制度がある事の説明を行い、
補助金を受ける場合は、昭和56年5月31日以前に建築されていることと、床面積の半分以上が住居として使われていることなどが条件となっていることや、どこで相談できるのかなども丁寧に助言してくれます。
費用に関しては、移転を伴わない改修工事についても対応しているので、移転費用がかからず低コストだと多くの利用者から評価されています。
こちらは、株式会社キーマンの公式サイト上でも詳しく紹介されています。

また、首都直下地震の切迫性が指摘されている中、首都機能を確保するため緊急輸送道路沿道建築物の耐震化を推進する条例に関しても株式会社キーマンは速やかに取り組んでいます。
因みに、およそ2,000kmもあるとされている緊急輸送道路のうち、特に沿道の建築物の耐震化を推進する必要のある道路に指定されています。

実際に、自分たちの会社のビルが特定緊急郵送道路に指定されているのか、実際に改修工事を行う場合はどのくらいの期間がかかり、どのような工事となるのか等についてもスピーディーに取り組んでいます。

耐震診断・耐震改修の実施状況について報告する義務がある建物についても迅速に耐震診断を行い報告書を作成しますが、耐震診断では、最新機器を用いるだけでなく実際に目で見て触れて確かめて調査します。
見積もりを提示して建て替えと再建築どちらが最適かについても顧客の要望を聞きながら柔軟に対応します。
株式会社キーマンでは、阪急阪神レールウェイ・テクノロジー株式会社が主催する2016年度安全大会で銀賞を受賞しています。
仕事以外でも技術を活かして生活環境を改善する努力をしているのです。

耐震補強工事は、小中学校からショッピングセンター、大手企業のビルまで手掛けているように、多くの実績を上げています。
一般の戸建て住宅の耐震補強工事も行っています。

 

株式会社キーマンの評判

「テナントに迷惑をかけずに仕上げてくれる」
もともと耐震改修の計画を立てていました。そこで、各社を比較検討したのち、やはり実績が豊富な株式会社キーマンさんに依頼することを決めました。
まず、当ビルの診断をしてもらったのですが、何かと難しい内容の話を、分かりやすく説明してくれたと思います。
こちら側の依頼としては、もっとも重要なポイントは次の2点。

まずは、1階の喫茶店をはじめ、入居しているテナントが退去しないで済むこと。そしてもうひとつが、外観を損なわないことです。
いずれの希望についても、さらに細かい点までたずねられました。最終的には、こちらの想像以上に、すべてを叶えてくれる計画を提案してくれました。
その努力のおかげで、どのテナントにも売上など大きな影響はほとんどなかったようです。
ビル自体も内装や外装にほとんど変化がなく、とても満足しています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑